自宅で出来るヘッドスパ

ヘッドスパの効果

「頭皮のトラブル改善」 「頭皮の匂い改善」  「頭皮のたるみ防止・顔のリフトアップ」
「マッサージ効果による血流量アップ」 「抜け毛予防」 「肩こり・首こりの緩和」

ヘッドスパの目的は毛穴に溜まっている皮脂汚れやフケを綺麗にする事です。
続ける事で、抜け毛防止や頭皮のトラブル、頭皮の気になる匂いの改善が実感できます。

マッサージをする事により、顔のシワやたるみの原因になる頭皮のたるみ予防にもなります。
 
 

自宅でヘッドスパ

金銭的に余裕がないとヘッドスパを続けるのは、厳しいと思います。そこで自宅で簡単にヘッドスパができる方法を紹介したいと思います。

1.頭皮のクレンジング


シャンプー前に頭皮の余分な皮脂や汚れを取り除きます。
頭皮クレンジングに使うオイルは保湿力に優れ頭皮と髪に優しいオーガニックオイルをおすすめします。

①クレンジングオイルを頭皮になじます(指の腹で円を描くようにマッサージ)
※爪で頭皮を傷付けないように気おつけて下さい。


②マッサージ後、蒸しタオルで3~5分ほど頭皮を蒸らす
お湯にフェイスタオルをつけ軽く絞ったタオルを頭に巻くだけで、頭皮クレンジングの効果をアップさせられます。
 
 

2.シャンプーとヘッドマッサージ

シャンプーで毛穴と頭皮の汚れを取り除きヘッドマッサージの効果で頭皮の血流をアップさせます。

①ブラッシングする

②予洗いを2~5分する
お湯で髪の毛や頭皮についている汚れを浮かすという作業です。ここで大切なのは髪の毛を濡らす事よりも「頭皮」をしっかり濡らす事です!指の腹で頭皮をマッサージしながらお湯で洗います。

③泡を泡立ててシャンプーをする
シャンプーをゴシゴシと頭皮と髪に押しつけながら洗うのはダメージ髪になってしまいます。
しっかり泡立ててシャンプーをしましょう。

ポイント
毛穴に溜まっている皮脂を取り除くイメージーで、指の腹を使い髪の毛が流れる逆方向へ指を動かします。頭皮全体を動かすように頭皮マッサージしながらシャンプーすると血行がよくなり抜け毛の予防になります。

③シャンプーを洗い流す(シャンプーにかかった時間+2分)
時間をかけて頭皮をすすいでいきます。すすぎが不十分だとかゆみなどの頭皮トラブルにつながります。
 
 

3.トリートメントする

トリートメントを手に取り、指先やクシで髪にムラなく伸ばしていきます。

ポイント
湯船などにつかりながら3~5分ほどトリートメントの浸透を待ってからすすいで下さい。

トリートメントもすすぎ残しがあるとトラブルの原因になります。
 
 

4.髪のドライ

ドライヤーの熱でダメージを負ってしまうのでは?と思う方もいるかもしれませんが、濡れたまま放っておく方が髪のダメージに繋がります。

ドライヤーによる熱ダメージが気になる方は洗い流さないトリートメントがおすすめです。
 
 

5.ヘッドマッサージ

髪を乾かした後は、好きな音楽等をかけながらリラックスしヘッドマッサージを行います。

①指を熊手の形にします。

②耳の上あたりから髪の根元に指を入れ、指の腹を頭の形に沿って押しあてながら下から上へ動かします。

③頭皮全体を動かすように痛気持ちいいぐらいの強さでマッサージします。
 
 
是非皆さん、ご自宅でヘッドスパ試してみて下さい。