セラピストの面接

セラピストの面接内容は会社により様々で、面接官によっても違ってくると思いますが、これは聞かれる可能性が高いであろう質問や、どのような服装で行くのがベストかお伝えしていきます。

セラピストの面接でよく聞かれる事

志望動機

基本的にどこの会社でも聞かる志望動機。
志望動機で大切になってくるのは
セラピストになりたいという気持ち」を伝える事です。

キャリアや勉強してきた事も大切ですが、将来的に長く続ける意思があるということ、困難な状況でもくじけずに頑張る気持ちでいる事も大切になってきます。
ハードワークな為、離職率も多いセラピストです。長く続ける気持ちがあるという事をアピールする事が大切です。

セラピストは人とのコミュニケーション能力も重要となってくるので、「人と接することが好き」「人を癒してあげたい」とアピールするのもいいでしょう。
 
 

どのぐらいシフトに入れるか

フルタイムで入れるのか、パートで入りたいと思っているのか、1日何時間ぐらい働けるのかなど希望は必ず聞かれます。
 
 

研修はいつから通えるのか

未経験でも大歓迎な会社が多いところがセラピストの良いところでもあります。
未経験だと研修を受けてセラピストデビューになりますが、研修にいつから通えるのかの話があるでしょう。

研修のスタイルは様々なので面接を受ける前にインターネットなどを使い、確認しておくといいと思います。
 
 

歩合制についての理解はあるか

完全歩合制のところも多く、不安定なセラピストの離職理由の一番は「思ったより稼げない」「生活できない」と金銭面の問題が多くあがってます。

早々に辞められるのを防ぐ為、歩合制でも良いか?と確認されるケースもあります。

しかし、近年は歩合制ではない会社も増えており、安定したお給料がもらえる所もあります。
歩合制で頑張ってみたいと言う方は歩合制、安定したお給料が貰いたい方は、月給が決まった額支払われる所を探し面接を受けましょう。
 
 

なぜこのサロンを選んだか

数多くあるサロンの中から何故このサロンを選んだのか具体的な理由を面接官は聞いてきます。自身が考えるサロンの良いところをなどを考えておくのも良さそうです。
 
 

面接の時の服装

セラピストの面接行くのにベストな服装は、スーツです。

リクルートスーツの様なかっちりした物でなくても、きちんとしているスーツを着ていくのは基本です。

どこの会社もそうですが、スーツか綺麗めな服装をしていった方が、マイナス評価になる事はないので、迷ったらスーツにするのが無難だと思います。