セラピストの種類

セラピストの種類

大きく分けると、アロマテラピーなどの施術を行う「ボディ系セラピスト」、精神療法や心理療法を行う「精神系セラピスト」、気功や霊気などのエネルギー療法を行う「エネルギー系セラピスト」の三種類があります。
 
 

ボディ系セラピスト

ボディ系は、お客さまの身体の状態を整えることで不調を改善し、癒しを提供します。

アロマテラピー・リンパマッサージ・リフレクソロジー・足ツボマッサージ などがボディ系セラピストのなかで人気があります。

日本では医師でなければ医療行為は行えません。このため、セラピストの施術は痛みや不調を改善ではなく、癒しを提供することが主な木的です。
 
 

心理系セラピスト

身体の不調ではなく、心の不調を改善する。それが心理セラピストになります。
医師ではない為、精神疾患を持つ人の施術は行うことができません。

心理カウンセラー・各種精神療法士・心理療法士 などがこれに当たります。
 
 

エネルギー系セラピスト

何かの物質に込められているエネルギーを用いて、お客様を元気にしたり、不調を回復させるセラピーになります。
良い「気」を持っている人と一緒にいると、なんだか運気が良かったりするように、物質からでるエネルギーにもパワーがあります。
現代医学では正式に認められていませんが、手軽に資格を取る事ができるため近年人気が出てきています。

しかし一部人気はあるものの、世間的な認知度はまだ低く人によっては科学的ではないことから信頼できないとも言われているそうです。

おまけ

ペットセラピスト

ペットは少し環境がの変化にもストレスを感じたり、食欲がおちたり、元気がなくなったりします。
また人間のライフスタイルに合わせて生活をすることで生活習慣病や肥満など人間と同じように悩まされる子たちが増えてきてます。

そんなペットの為に食事や精神などを健康管理するのがペットセラピストになります。
具体的にはツボ推しやマッサージ、ハーブ等を使いストレスを還元させてあげたりします。

ペットセラピストはトレーナーとして役割をこなす場合もあります。そのため、動物の身体のことや行動、しつけについての知識も必要です。
 
 

このように様々なセラピストがいます。
セラピストは医師ではない為、痛みなどを改善するのではなく、癒しを提供するお仕事となります。
人だけではなく、動物たちにまで癒しを与えていたのは驚きです。