資格の種類


 
リラクゼーションセラピストは資格がなくても出来ますが、民間資格があります。国家資格は難易度も高く学校に通える時間がないという方は取りたくても取れないのが現状ですが、働きながらでも取得できるのが民間資格になります。

人気のリラクゼーション業界で資格を武器にステップアップでき、医療や看護などの福祉業界でも活かせる資格をご紹介したいと思います。

AEAJアロマテラピー検定

アロマテラピー検定はアロマテラピーを自分自身であるいは家族や周りの人々とともに楽しみ、健康維持のために用いる知識を問う試験です。
アロマテラピーは凄く女性に人気となっています。アロマテラピー検定を取得し自らのお店を開業する方が多いそうです。

ICCAリンパドレナージセラピスト

医療機関で働く看護師や医師の方なども取得される方も多く、緩和ケアという分野で大きく効果を発揮するのがリンパドレナーシュの資格です。
何らかの理由でリンパ管の働きが悪くなるとリンパ液などが詰まって流れが悪くなってしまい、そこに水やリンパ液が溜まってしまいます。この影響からできたむくみをリンパ浮種と呼びます。
このリンパ浮種の治療のために活躍しているのが、リンパドレナージセラピストの存在です。

整体ボディケアセラピスト

身体のゆがみを整えるケアで整体ボディケアセラピストの資格を取ることで、整体サロンも開業できます。
骨格であったり神経などの整体に関する知識や症状によって変わってくる施術方法を学び資格を取得します。

リフレクソロジー資格

リフレクソロジーとは、反射学(リフレクソロジー)の考え方をベースにした健康療法を施す民間療法士をいいます。
ただし、リフレクソロジーと足つぼは厳密に違いあり、リフレクソロジーは面(ゾーンやエリア)で捉えますが、足つぼの場合は点(ポイント)でとらえることになります。
イギリスでは医療の現場でも応用され、その効果は広く認められており、一度修得したら長い間役立てることができる資格です。

ICAクレイセラピスト認定検定

クレイセラピーとは、地中深くに存在するクレイを利用してリラクセーションやヒーリングを行う自然治療法です。クレイの特性や取扱の注意事項を修得した上、安全にクレイセラピーを行える一定の技量が備わっている方をクレイセラピストとして認定しています。
 
 

民間資格は通信講座や独学でも取得できる資格となっております。
開業を目指している方でしたら、資格を取得してた方が信頼に繋がり成功しやすくなると思います。